ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

ニートの持つ可能性

 辺境の地にいるものですから、通信環境は当然悪いんです。そして、使い放題なんて事はなくて従量課金なんですよ。 OCN モバイル エントリー d LTE 980で十分。 - ちょっとそこまで-斥候隊- でも触れましたけど、通信データを圧縮してくれるOpera miniを使ってるんですけど、おとといからそれで、はてなをブラウズするとスマホ用サイトで見れなくてPCサイトに飛ばされるんですよ。めんどいったらありゃしない。


 まぁそれは置いておいて、面白いニュースがあったので、ご紹介。
【レポート】"取締役が全員ニート"の「NEET株式会社」、気になる説明会に潜入してみた!! | ライフ | マイナビニュース

NPO法人の中小企業共和国が運営母体となって「日本全国の
ニートが集まり、全員が雇用されない事業主である取締
役に就任し、既成概念や常識に縛られない自由な事業者
集団を作る」というコンセプトで進められている。


 「ニートだけで構成された会社だって?なんだよ出落ち系かよ。ちやほやされるのは数ヶ月で、一年くらいしたら当初の目的から外れて怪しい団体にどうせなるんだろ。」と思っていたんですが、よくよく考えるとこれは意外と面白いんじゃないかと個人的に思いました。
 

 よく、 独立起業の生存率として創業1年目生存率 70%(創業1年目に30%が廃業)とか言われますけど、これはほとんどが売上と固定費の算数が出来ずに敗退するのだと思います。

 そして、その固定費の大部分をしめる人件費に、この“ニート“の秘める可能性がてんこもりに詰まってると僕は思うのです。


 この会社がどう運営するのかは正直詳しくは知りませんが、純然たるパラサイトニートで構成されるなら成功の確率は極めて高いと僕は思うのです。会社がどうにか売上を上げるまで人件費を抑えられるのですからね。


 彼らの自主性を尊重し、彼らで売上を作り利益を得るのに、外からマネタイズの知恵を授けてあげたら面白いんじゃないかと思います。


 通常誰かを雇えば、少なくともその人の必要最低限の生活ができるくらいの給料を払わなくてはなりません。ところが、全員エリートニートであればそんな必要はない。(ニートには給料を払わなくて良いと言っているわけではなくて、雇用側の負うリスクが比較的小さいと思われる。)


 だから非常に面白い試みだと思います。そのうち「ニートこそ起業しろ」とか出てくるかもしれません。時間もたくさんあるでしょうからお金に変える知恵を与えたら意外とアリかもしれないと僕は無責任にニュースを見て思いました。

 ニートの数も最多って話ですし、この先の若者からの搾取構造を考えたら思い切ってやるのも、またこれ人生かなと人事のように思います。


以上です。