ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

遠くから傍観してるゲーム業界

 ゲームの形ももっと変わってくるだろうし、変わりつつあるのかなとふと思ったので、メモ

ソシャゲバブル崩壊の余波で(山本 一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

ソーシャルゲームバブルについての記事ですが、早い話が段々同じ手が通用しなくなって単価が落ちて結果、クソゲーを量産してもっと始末が悪くなってるって話で、今度からちゃんとした良い物を作りましょうって話になっています。


なので、個人的にはsony、任天堂マイクロソフトに少し回帰するのかなと思いました。
ただ、スマホでピコピコやってた中高生とかが、今更それらハードに行くのかな?との疑問もありました。

Androidベースの据え置きタイプとかは意外と売れるのかなとふと思ったけど、まだまだヒットするには課題が多いそうなので、これまた難しそうです。


そんな折ですが、
GoogleがAndroid搭載ゲーム機を開発中? - ITmedia ニュース
Google親分登場でどうなることやらハード陣。


Googleさんは、自動車絡んだりGoogle glassやら通信事業やら忙しいですね。


手軽さで言ったらスマホのカジュアルなアプリで十分だと思います。しかも相対的なユーザー数も多いと思います。

ただ、作り込まれた内容のある据え置きもスマホと共存するでしょう。でも、よりニッチになる可能性がある。

そこで、Googleさんの登場ですね。カジュアルさと作り込み一体のプラットフォームをこれで作っちゃったら、ゲーム業界は結構変わるのかなと。

ちょうど、ポケットステーションみたいなイメージのプラットフォームを。


まぁ色々状況も変わってくるでしょうし、ゲーム業界の結構デカイ変化もあるかもしれないと思うと なかなか面白そうであります。



以上です