ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

個人情報的側面から見たTwitter

 いわゆる個人情報堅牢派でもないので、個人的にはTwitterが情報収集してマネタイズしようが興味がないし、経営判断としては至極当たり前と思ってるんですが、スイカのデータ利用の動きに際して、烈火の如く日立に文句を言っていたTwitterユーザーがはたしてどういった反応をするのかに興味があるので、記事にします。

Twitterが新たなターゲット広告を実験、外部サイトのCookieやメールアドレスで照合 - Engadget Japanese

Twitter が新たな仕組みのターゲット広告を試験的に導入
します。まずは米国向けの実験として発表されたのは、広
告主となる外部サイトの Cookie や、外部サービスが取得
したメールアドレスを使って広告対象のTwitterユーザーを
絞り込む方式。

アメリカで実験的に行われるみたいなので、現状で日本でどうたらという話ではないんですが、僕が気になったのはこの文脈

通常、Twitter ユーザーがウェブでどのサイトを訪れてど
のページを見たかは、そのページに Tweetボタンやウィ
ジェットが埋め込まれていないかぎり、Twitter 側では直
接は知りようがありません。
(Twitterボタン等があるサイトについては、ログインした
状態で訪れると情報が収集され、「おすすめユーザーのカ
スタマイズ:最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイ
ズする」設定で使われる。これは以前から。 アカウント設
定 でオフにできます)。

Twitterボタン等があるサイトについては、ログインした
状態で訪れると情報が収集され “
るとは全然知りませんでした。これといって問題があるわけじゃないので、どうでも良いですけどね。

 これについては僕が、Twitterを頻繁に利用してないから知らないだけなのかもしれませんが、Tweetボタンがあるサイトに訪れるとその情報がTwitterに行き「おすすめユーザー」が、その情報を元にピックアップされてると。


 この記事を見る限り、現時点で商用に利用されてるようでは無いので、個人情報堅牢厨は何も反応してないようですが、流れとしては当然マネタイズのために広告に利用してくるでしょうから、その時の堅牢厨の反応が楽しみであります。


 Twitterに関して、彼らが見ザル聞かザル言わザルのスタンスを取って頂けたら、個人に大フィーバーなんですけど、来たるその時まで個人情報堅牢厨の動向を静観したいと思います。



以上です。