ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

ドル箱な日本人観光客


 本当にたまにだけれど、日本人ガイドとしてヘルプで呼ばれる事がある。ここでは在留の日本人が極めて少ない事に加えて、繁忙期になると流石に人出が足りなくなるのでお手伝いという形で行く。


 そんな事をしてて思うのは、やっぱり高齢者が多い事。時間の融通が効くので当然は当然なのかも知れないけど、それにしても高齢者が多い。


 リタイア後にアチコチ旅行に行くのも優雅でゆとりのある旅を出来て、良いのかもしれないけれど個人的には経験や刺激は早いウチに越したことないと思う。


 そんな不毛な旅論は一旦置いといて、タイトルに戻ると、日本人観光客は日本人の僕から見ても格好の“的“だとヘルプに行って思う。


 こと高齢者においては、日本生活が染み付いているようで見ていてヒヤヒヤする。一応の防犯のつもりでウエストポーチを身に着けているが、街中で平気で財布を開けたり、カメラをパシャパシャと余念が無い。


 実際は、上記の行為をしても直ぐに実害には結び付かない。その場でひったくりやスリはあまり無い。だけど、傍から見るともう一目瞭然なのである「日本人」だって。時計やカメラ等の身なりも当然あるけれど、その染み付いた無防備さが丸々日本人の証明になる。


 すると、危険が増すのは当然な訳で虎視眈々と狙われて、被害にあったりなんて事もある。ひったくりやスリでの被害は幸いにして、現地人をセキュリティに付ければほぼ無いが、それ以外だとボッタクリの確率が格段に上がる。


 日本人から見れば普通の観光客でも、こっちでは成金にしか見えない。高そうな時計とキラキラ光るカメラはコチラだともうドル箱にしか見えないだろうと思う。

 しかもタチが悪いのは、ボッタクラれて高い値段を提示しても払えちゃう懐事情が往々にしてあり、現地での日本人観光客の“旨さ“を助長してる。


 それが、良い事なのか悪い事なのかはこの際どうでも良い。そこら辺の議論は、花畑脳のNGOやらNPOやらに任せるとしても、こういう日本人の行為も、広く日本のイメージの一部になってるのかなと思うと感慨深い。


 いくらアジアで顔が似てようが一目瞭然で分かる。現地人が言ってるから間違いないし、僕もそう思う。


 無防備さの裏返すと、日本がそれだけ治安が良いと言う事なんだと思うと、それもまた乙なんですけどね。