ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

モテる男ってどんなオトコ?


 先日、現地の女の子と話していて個人的に面白かった小話をばひとつ。


 友人のサムソンとその友達の女の子と話している時に「どんな人が魅力的か?」という話を何故かしてました。サムソンや僕はあーでもないこーでもないと外見や中身についてあれこれ話ししていたんですが、その女の子の答えが中々面白かったです。


「私は生きる能力がある人ね。」


とサラリと言ってみせた彼女の言葉に何故か妙に納得しました。


 サバイバル力と言えばいいのかどうかは知りませんが、オスとして生き延びるチカラを彼女は見ているんだと思います。

そして、彼女はこう続けました
「見た目が強そうなのより頭がキレるのがいいわ。」
だそうです。


 まるで、もう槍や弓を持って村同士でケンカしないでしょ?肉体的強さはもう時代遅れなのよ。今の時代の生きる強さはどちらかというと経済的強さよ。
と言っているようで、的を射た考えだなと僕は思い知らされました。


 しかし、女性が男性に年収を求めるのには、僕は違うと思います。いやもとい!思ってました。ところが彼女の意見を受けて考えてみると、お金は現代の生きる能力を数値化したモノであるとの認識は間違ってはいないような気がしないでも無い。


 本能的なモノだと考えてみると、彼女の発言は中々面白いものだと思いました。でも、最初から楽や身の保全を考えるメスを嫌うのも本能だとは思いますが。


 不特定多数から“モテる“ためには、どうやら生きる能力があるかないか?に掛かってそうです。現代において、生きる能力は“お金“と認識しているメスが多そうな事を考えると、モテるには金を稼ぐべきなのかなと思った出来事でした。


 モテても寄ってくる女が、良いか悪いかはまた別の話でしょうがね。



季節労働者みたいな僕には無縁な話ですけどね。

ってやかましいわ