ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

人造な肉が出回る未来が近い?


 培養液に浸かり勝手に成長する肉(あくまでイメージ)がハンバーガーにされるなんて映画。

「人造肉」ハンバーガー:作成費用は3,000万円超 « WIRED.jp

ポスト氏が食べるのは、ペトリ皿のなかで牛
の幹細胞から慎重に培養された筋繊維を合成
して作成したハンバーガーで、費用はおよそ
21万7,000ポンド(3,284万円)だ。


 ベジタリアンが人造肉を食べる世の中って、なんて星新一テイスト?


 でもやっぱ、土ついてる野菜くらい肉もフレッシュなほうがイイ。これから味についての研究に入るとか、どう見てもSFの世界です。


 さつまいも茹でて、菜っぱ茹でて、肉焼いてプレートの上で塩振るくらい原始的なほうが自然。たまに食べる外食が至高の贅沢くらい素朴な感じがいいかなと某国で思っております。


 SFの世界は届いては行けないんですよ。本読むのが面白くなくなるじゃないか。