ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

当局と2ちゃんねるの動向


 詳しいスキームが分からなかったですが、こちらに詳しくまとめられていたので貼っておきます。
西村ひろゆき年収と脱税2ちゃんねるの仕組み

(5)2ちゃんねる広告収入の流れと海外子会社

1. 2ちゃんねる 西村ひろゆきさんが創設 2009年に管理人を
辞めたと公表
2. 東京プラス 西村ひろゆきさんが代表取締役 2ちゃんねる
の広告収入を得る
3. パケット・モンスター 2ちゃんねるの管理権を持つシン
ガポールの会社
4. 西村ひろゆきさん パケット・モンスターから多額の報酬
を受け取る
西村ひろゆきさんは、2ちゃんねるの管理人引退を発表して
いますが、パケット・モンスターから多額の報酬を受け取っ
ており、実態はあまり変わっていない可能性が高そうです
ね。
西村ひろゆきさんは、パケット・モンスターから得た報酬を
申告していますが、パケット・モンスターに残った残りのお
金を脱税であるとしています。

東京プラスで広告収入を受けて、さらにシンガポールの会社へ送金という少し回りくどいスキームを組んでいるので、こんなややこしいことになっている気がしないでもないですが、いずれにせよシンガポールの会社に留保してた1億に対して当局が追徴をかけるという措置は無茶苦茶な気がしないでも無いと言うのが正直な所であります。


 シンガポールの会社がペーパーカンパニーであるのなら、まだ理解できますが海外の会社の留保分までに追徴をかけるとは恐ろしいなと感じています。


 ところが、当の西村氏は修正申告を行ったとの話が出ていまして、波風が立たずに終わりを迎えそうであります。


 割と真剣な当局とドンパチやる意味は無いとの判断なのかどうかはわかりませんが、危機管理能力と鼻が効くところは流石なんでしょうか。


 当局としては出鼻を挫かれ、肩透かしを食らった感じで、今回はお金を支払ってお終いという事になりそうです。


 いずれにしても、小賢しいスキームを組んでタックスヘイブンを利用してお金を隠してるおっさん達にも影響がありそうな追徴の仕方だと思います。


以上です。