ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

最近の危惧事項。

 日本では英語を使う機会がない。だからどうかという話でもないのだけれど、今日仕事の話をしていて単語が出てこなくて焦った。ネイティブ程の綺麗な英語でもないし、コミュニケーションに重きを置いた僕のジャパングリッシュだから忘れていても意外となんとかなるんだけど困ったもの。なんとか忘れないようにしないと最近危惧しているところであります。



 さて、日本の今後を考えれば、外貨を稼ぐ人はあまり日本政府の”縛り”には囚われにくくなると僕は思っておりまして、軽自動車の税金も上がるようだし、消費税その他もろもろ国民の税負担は段々と重くなるだろうと思います。だからこその英語であり、海外との関わりあいが必要だと今でも思っているわけでありますけれど、言語はあくまで道具に過ぎず、日本の会社(対したグローバル会社でもない)が公用語を英語にする意味は僕にはあまり理解できないでおります。



 大体、現地で商売するなら現地人を使うほうがコストも教育も楽であり、日本人みんなに付け焼刃の英語を押し付ける意味もない。公用語を英語というよりも他に時間をかける必要なことがあるはずだと僕は思っています。馬鹿でもなく正常な人間で、野心がある人なら英語が必要なポジションをもらったら、それこそ必死で勉強すると思うし、あるいはそういうポジションを得たいならあらかじめ準備はしておくはずだと思います。


 本来英語が必要の無い人や部署に英語を強要するのは膨大な教育コストと精神的ストレスの源であって、いいことはないだろうと思えてならない。だから必要な人が学べばいいし、必要"そう"な人が英語を勉強すればいいと思う。


 話が大分それたけれど、日本では英語を使う機会がきわめて少ない。それは、アフリカの国々やその他を始めとする旧植民地国では母語が故意に破壊され、英語やらフランス語やらスペイン語だとかをしゃべっていることを比べれば悪くないことだと思う。日本人は英語が出来ないと揶揄されて長いけれど、別にいいじゃないかと最近思う。必要な人がやればいいだけの話であって、それ以外は日本語でいいじゃない。困らないんだし。




 そうそう。この"困らない"ことこそが、日本が言語の壁で守られて来た事だと帰ってきて感じた。それは気分が向いたら書くとして今日はこれで終わります。


以上です。