ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

一人乗り自動車の普及を秘かに応援しております。

 中々体重が落ちないのは何故なのか?答えは簡単であります。食い過ぎなんですありがとうございます。


 さて、一人乗りあるいは二人乗りの自動車が普及して欲しくて欲しくてたまらないんですが、理由の一つとしては道が狭くて危ないから。と、車が家の延長みたいな"快適な箱"の時代は終わって、"単なる移動手段"でしかなくなったと思うので、普及は是非していただきたいと思うとります。


 ちょっと話は変わりますが、僕はランニングする時周回コースを絶対に避けます。途中でいつでも止めれるので気分で終わらせたりする事がないよう、行きと帰りは違う道のイッテコイのコースを作り出して走っております。


 そのコースで、人通りと車の通りそれから信号がなるべく無いような道を選んではいるんですが、交通量の多い道もわずかではありますが入ってしまっております。僕もランニングするモノとして、あるいはマナーとして邪魔にならないよう勤めていますし、モンスターランナーにならないように一応細心の注意を払っております。


 一度走り始めたら止まりたく無いというのが正直なところでありますが、サイクリングロードでもランニングコースでもない市道を走っている以上、歩行者優先でチャリと車にも邪魔にならないよう端を走っております。(あらやだ洒落が、、)


 ですが、どうやらこの国は大体の道路が車二台分のギリギリの設計をしているらしく、危険かつ極まりなく、加えてキチガイドライバーが多いようで大変危ない目にあっております。


 50KMや60KMを細い道で出す必要がどこにでしょうか?臨月を迎えた奥さんでも抱えているんでしょうか僕にわかりません。わざわざご丁寧に僕の横を通り過ぎる際にエンジンを吹かしていく、ありがい輩の人達は排気ガス攻撃を取り入れた障害物競走のスタッフなんでしょうか死んで下さい。


 それから、じじいはデカイワゴン乗る必要ないからね。僕とのお約束だよ。