ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

”ながら”が心地良い。

 僕はテレビを普段見ない。テレビを見ないアピールをしたいわけでなく、テレビがないし今までテレビを見る環境に無かったので、それが普通になっていて習慣に組み込まれていない。


 テレビ番組も何が今やっているのか知らないし、見たいものも特に無いので困ってない。ただ、無音で作業をするというのができないのでラジオを垂れ流していることが多い。ラジオも大して聞いていないんだけど、たまに入る知ってる曲を時々口ずさんでは何かをしている。


 今はYOUTUBEにもラジオ番組がそのまま上がっていることもあるので、聞いてない回とか聞いたりしたり、同じ番組を聴くこともある。全然ラジオを聴いていなかったりするんだけど、何かを”しながら”ラジオはついてる。声だけでもなんとなく落ち着く。テレビだとなんとなくテレビの前から動けないからラジオの気軽な感じが心地いい。


 声だけでも凄い人間性って伝わってくる。以前のエントリーでも少し触れたけど、ラジオ版学問のススメのパーソナリティ蒲田健さんは凄い賢い人だと思う。進行が聞いてて心地いい。声も渋いし。その学問のススメで作家の人とか色々出てくるんだけど、嫌いになる作家の人とかもでてくる。人間性が透けて見えるから。だけど、だからラジオって面白い。


 この前は、押切もえのラジオで友人のナントカちゃん(忘れた)の話になって「○○ちゃんも私とよく似てる。ふたりともすごい不器用。あまり主張できない」とか言っててなんか凄い腹たった。加えて、押切もえが本を出したらしいんだけど、タイトルが「浅き夢見し」だった。なんか腹たった。不器用をファッション化するなと。本読んでないけど、本を書くのはきっとものすごい大変なことなはずなのにって思った。ただ単に僕が嫌いなだけかもしれないけど。というかうん嫌いだわ。


 そんなんどうでもいいけど、ナンカをしながらができるラジオが心地良い。ラジオを自分でやりたいくらいラジオが好き。一人で語るようなラジオより二人のラジオのほうが面白い。普通の会話を盗み聞きしてるみたいで楽しい。ゲストが変なやつだと僕の黒い部分があふれ出してきて悪態をつきながらラジオを楽しんでる。


今も聞きながら書いてる。ある番組のゲストが変なやつでボロカス言い”ながら”ね。


関連エントリー:この世で進化しないもののお話 - ちょっとそこまで-斥候隊-