ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

給付金引き上げで、男性の育休取得率は上がる?

 ヤフー意識調査で目に付いたので見てみたけど、これが世間の本音なんだろうと思う。ビックデータとかうんたら細かく商売してないで国会に資料として提出したらいいんじゃないかなーって思いました。

給付金引き上げで、男性の育休取得率は上がる? - Yahoo!ニュース 意識調査

 まだ投票可能の意識調査なので若干の変動はあるにせよ、投票した方の実に84%(20;50分現在)が給付金があがっても、育児休暇は増えないと投票しております。


 この意識調査を最近たまに見てるんだけど、フェイスブックでの意見のやり取りが結構真面目でなるほどなーと思いつつ見ております。実名でコメントするくらいだから真面目な意見が多い。流石に匿名より無責任じゃないといったところなんだろうか。フェイスブックの利用法の良い一面を見た気がした。

男性の育休取得率を向上させることが狙いと言ってもそれは無理というモノである。普段会社勤めしている者がそう簡単に休めるはずはない。絵に描いた餅と言うモノ。そんなことより、制度を見直すのが先決では?一番お金のかかるとき(出産費用)などに、その都度税金とか保険料を払わなければならず、手当をもらえるのは産後8週以降にしか少額のお金しか支給されないのはおかしいし、間違っていると感じる。口が増え、成長するに従ってお金がいるのは当然である。そしてまだ働くことの出来る65歳を超えた人が、育児に携われる制度を確立し、夫婦二人でお金を稼ぐことの出来る環境作りが先なのでは?

だとか、皮肉を込めて

ここは日本ですよ?(笑)

制度以前の問題で

育児休暇中の給付金の金額が問題ではなくて、会社の体制で休暇できないパターンの方が多そうな気がします。
例えば、急な仕事が割り込んできたり、納期が非常に短いなど、そういう仕事ばっかりだと休めない状況が作られてちゃいますよね?そんな中で育児休暇してもいいですかって言っても、就業規則的には問題なくても職場が許さないでしょうね。

こんな諦めも

日本人の性格上無理。

なるほどなーと思ったコメント

誰がやっても同じようにできるように!って仕事の標準化をさせられたことを思い出します。
誰がやっても同じ・・・そんな自分は嫌だから、休まない・・だから大半の男は休まない


僕も取得率はあがらないと思います。それは日本だからという事情がネックだと思っとります。
まぁでも子育ては"両親"の仕事ですからね。奥さんばっかに任せてても夫は家では肩身が狭いだけってなことになりますから改善も必要かなとも思っております。


 理想を言えば、仕事もして子育てもするスーパーマンな父親がベストなんでしょうけど、男は女性みたいにマルチタスクではないですからそんな器用なことはできないのかな。まぁでもそこは男として突き詰めて行きたいですねって感想で締めたいと思います。


 

 以上でございます。