ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

僕が好きな日本人的感覚

 海外特に英語圏では日本人の名前はあまり覚えられない。あるいは覚え難い傾向にある。当然英語圏なので発音が難しいし、彼らにとってはそもそも聞き慣れない名前だからあたりまえといえば当たり前。


 だから、英名を勝手に決めてそれで済ます人も多い。僕が会った非英語圏の人ではほとんどが英名をもっていた。台湾人韓国人中国人、、、などなど


 「○○の名前は覚え難いからケヴィンな。」と勝手に僕の英名を決めてきた事もあったけれど、丁重にお断りした。だいたいアジア人とっ捕まえてケヴィンとかセンスが皆無だし、どうみてもケヴィンじゃないので「俺は○○だからそう呼んでくれ。」と言っておいた。


 大体名前を覚え難いのはお互い様だし、なんで違う名前を持たないといけないのかよくわからなかった。名前があるのに便宜上としてわざわざ英名を持つ意味も理解できなかった。


 そうやって思っていてふと振り返ってみたら、あっちで僕が会った日本人は、ほぼ全て日本語名で名乗ってた。なぜかはわからない。でもおそらく僕と似たような感覚なんだろう。自分の名前があるのに英名を名乗るのには違和感を感じるし、いらないと思っているんだろうと思う。


 誰がどう見てもアジア人なのにポールだとかジャッキーだとかベッキーだとかジーナだとかおかしいから。


 名前には意味があるし、名は体をあらわすっていうから僕は英名なんて必要ないし使う気もない。覚え難いとしてもそれは僕の問題じゃない。きっとそういう感覚が日本人にはあるのかなと思う。


 日本語の名前を言ってもちゃんと発音されることはまず無い。でも、そこはちゃんとしなくちゃいけないと思う。日本人として外とかかわりを持つなら日本人でなくちゃならない。幸いそういう感覚はまだ日本人にはあるみたい。でも、若いネエチャンニイチャンなんかは英名を使ってる子もいたけどね。


 割合的には全然日本人は英名なんてつかってないと思うけど、僕はそういう日本人の自然な感覚が結構好き。それと過剰な遠慮は悪だけど、僕はそこまで嫌いじゃない。相手を思いやる気持ちの出発点だから僕は意外と素敵だと思う。