ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

時の流れは早い。置いていかれそう

 くりぃむのラジオ聞きながら色々ネット見てたら3Dプリントサービスが目に入ってここまで来たかと正直驚いた。くりぃむのラジオ復活しないかなーと思いつつ、上田の「ガハッ」を聞くたびに笑ってしまう。コンビ仲良くて微笑ましい。


 話は戻って、DMMの3Dプリントサービスは、ユーザーが造形物を設計して素材を選んでプリントして自宅に送付してくれるサービスみたい。


それだけじゃなくて、その作品を商品として販売もできるプラットフォームを提供してるらしい。売り手が見つかったらDMMが発送を管理して、クリエイターに販売利益を還元というシステムらしい。


 すげー。一人家電メーカーとか流行ったけど、マスマス時代は変化するんだろうか。色々弊害と問題はあるけど、ネットが出来てスピード感は段違いに変化した。3Dプリントはどう社会にインパクトをあたえるんだろうか?と思うと面白い。


 工場いらず。いや厳密に言えば分業等々でいるんだろうけど、進歩とのイタチゴッコ。ゆくゆくは設計図を買うだけの世界になりそうで胸アツ。


 そっちも期待しつつ、くりぃむのカリカリ君コーナーをもう一度やってほしいと願ってますけどやらないだろうなー。ラジオって凄いおもしろい。