ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

なかなか面白そうなんじゃないですか?これはこれで

 TV業界の行く末とインターネットの関係は切っても切れない関係に今後なってくるだろうと思うんですけど、フジテレビがどうとか企画の対象がどうとか、そういうしょうもない話は置いておいても面白い話だと個人的には思いました。

「世界一即戦力な男」菊池良さんをフジテレビがドラマ化 来年1月スタート - ねとらぼ

突然ですが、自称「世界一即戦力な男」として話題になった大学生の菊池良さんを覚えていますか? 就活のために自己PRサイトを立ち上げ、ネットで注目を浴びたあの彼です。そんな菊池さんをフジテレビがこのたびドラマ化することになりました。来年1月から新しい動画サイト「フジテレビ+」で無料配信します。

YOUTUBEとTVについては以前少し前のエントリーでも触れましたけど、現状ではまだ「YOUTUBE VSテレビ」にはならないだろうと個人的には思ってます。テレビ業界の広告費は年々減ってるって話は有名なお話ですけど、企画制作においてはまだTVのほうが一日の長があると思いますし、興味のある人にリーチするネットと、なんとなく垂れ流すテレビは性質が少し違うと思います。


 放送各局がYOUTUBEに本格的なチャンネルを持つならまだしも、今のところはYOUTUBEは個人の遊び場の域をでないと思いますし、各局が独自のオンデマンド放送をまだやってますから仮にそうなるとしても少し時間がかかるかと思います。


 なので、完全に同じ土俵ではないのでVS関係はいささか早計だと思うんですけど、テレビからネット。あるいはネットからテレビという意味では今回の試みは意外と面白いんじゃないかと思います。当然テレビのほうが市民権というか一般的なものであったので、テレビの上にネットが乗ってる状況だったと思うんですけど、テレビ離れに代表されるようにネットが市民権を得てきたので、ネット発テレビ着が可能になったんだと思います。


 だから、今回企画として通ったんだろうと思いますし試みとしてはアリだと思うんです。それこそ話題の炎上案件とかをテレビでドラマ化するとか、小町発のドラマとか意外と個人的には面白いと思うんですよね。テレビがネットに擦り寄ってきた感は無いわけじゃないですけど、ネットでの話題を映像化するのはネットユーザーにとっても話題のあることだと思います。すくなくとも糞つまんねぇクイズ番組を垂れ流すよりかは見る気にはなるんじゃないでしょうか。


やまもといちろうVSいつかはゆかし

名誉毀損か業務停止か
俺とお前と倍返し


なんてどうですか