ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

しらけるカタチで受験料制度マッチが終了。オールアバウトがフォール負け

 就職に関するミスマッチと効率化を求めたドワンゴの受験料制度。その発表を受けて、ドワンゴを受験した方を対象にオールアバウトが奨学金を給付する制度を発表しました。

オールアバウト、就活生の奨励金制度を中止 ドワンゴから批判受けて (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

総合情報サイトを運営するオールアバウトは12月13日、就活生に奨励金を給付する制度を中止すると発表した。この奨励金制度は、動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴが入社試験に受験料を導入したことを受けて9日に発表したばかりだが、ドワンゴから「茶化している」と批判され、1週間もたたずに終了することになった。

 個人的にはこの受験料制度についてはいけ好かない気がしているのが正直なところで、それは以前のエントリーでも触れました。(http://sekkou.hatenablog.com/entry/2013/12/02/223537)


 就職について半端な気持ちで受験しに来ている一部ノイズを弾いたとしても、採用が完璧でない以上負担を強いるのは違うかなと思います。それにその集まった受験料を奨学金に当てるより、まずは就職に直面している学生を念頭に入れるべきだと思ってます。


 企業の採用コストについてのメリットはあるでしょう。でも、それは本来採用にあたって”かかるべきもの”で就職を望む学生から金を徴収し、コストを減らすのもおかしな話だと思います。まして、人口動態を考えればこれから若い世代はどんどん負担を強いられる構造の中で、それをやるのは"効率化"を傘にしたある種の嫌がらせだと思うのです。


 話を戻しますが、ブログでも企業でも個人でもなんでも、それぞれの意見はあってしかるべきで、違う意見があるのも当然です。僕は、あまりこの受験料制度について賛成の立場ではないですけど、ちきりんは2012年の段階でこの受験料制度を提案してました。


 賛否はいろいろあると思いますし、世の中の流れがどう動くのかもわからないですけど、ドワンゴは受験料制度を採用しオールアバウトはそれを皮肉ったと。個人的には世の中へ問うという意味を込めても両者に話題つくりをつづけて欲しかったのですが、オールアバウトがひよって終わるという一番しらけるカタチで終わりました。残念でなりません。


 いろいろな意見があるのは当然です。でも一週間で撤回とはなんだかなぁですよ