ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

選挙の進化と真価

 あれどっかで見たな感がタブンにあったとしても、それがしのブログなので整理とまとめ用にも似たようなことを一応かいておこうかなと思います。物忘れもも激しいので調度いい塩梅なんじゃないかなと。


 話は手っ取り早くて、国についての重要な議題や問題については直接選挙をとっちゃいなYO。って話なだけで話が90%終わっちゃうんですけどいかがですか?「誰が議員になってもかわらない」という諦めとも真実とも思われる今の政界周りにかかるモヤを無視する直接選挙だと思うんですけどね。


 遠い昔、古代ギリシアで行われた直接民主制ですが、テクノロジーの進歩によってある程度の問題はクリアできるんではないかと思っているんですけどどうでしょう?全てを直接にしたらいいといっているわけではなく、国民の将来に関わる重要事項に関してはもっと簡単に直接選挙というカタチがとれてもいいのかなと思います。


脱原発是否?移民政策?それとも日本人のみ運営?


 なぜこんなこというのかっていうと、人口の構成をみるだけでも若者に不利な選挙結果にならざる負えないなーと思うんですよね。当然、若い人が選挙にいかないからそうなるって話はもっともです。でも、仮に選挙に参加したとしても人口の構成的に見て不利になる可能性があるといえなくないこれからの状況は、日本の今後の国の運営にとって問題を起こすと。。。手っ取り早くいうなら国を毀損させることにほかならないと思うんですよね。

ジジババ問題が表面化。でも選挙はジジババ向け

支持層に対して不利なシステムの質を下げることはできない。

むりくり維持。

でも財源がたりないんじゃねこのままじゃ

みんな痛み別けという名の下に税金増やそう

(現役)「あれ手取り10年前とかわらないな変だな」

「若者の○○離れ」デデ-ン!!

(ジジババ)「わしゃ今年100歳だでや!ゲートボールいかないかんでしかし!」



 こんな未来せつこはみとうないんや!


 まぁそうなる前にも一票の格差なんてやってないで、直接選挙案件をつくるとかシステムを今からつくっとくとかそのほうが面白いと思うんですよそれがしは。


 間接民主制あるいは間接選挙というのももちろんメリットはあるでしょう。それと同じように直接民主制、直接選挙にもメリットは当然あるでしょう。これだけ政治に無関心な理由を突き詰めてみると、あきらめや日本という国自体に先が見えないことがひとつの理由として挙げられると思います。


 政治という複雑さと茶番感が理由かもしれません。であるなら簡単な問題、且つ決定的に大事な議題に関しては、国民全員に責任をとってもらうというのはなんら不思議ではないと思いますし、そうあるべきだと思ってます。


 日本の行く先は日本人の手で決めればいい。国民の代表らしい議員カッコハテナが決めるのではなく直接国民にゆだねるほうが自然で、そのほうが諦めがつくというものでしょう。若者の選挙率も少しはかわってくると思います。そして、最重要事項についてはジジババも国の行く末を選んでくれるだろうとそれがしは期待しています。



さぁ直接選挙。いかがですか?