ちょっとそこまで-斥候隊-

Spare me your lecture.

ブログ更新しました

「ブログ更新しました」とかけまして


オリンピック開催中に蓮舫氏が言いそうな事


と説きます


そのこころは、、、


「どう(銅)でもいい」


というまさにどうでもいいお話からフランクに糞をお届けさせて頂いております。こんばんは。



しばらくブログ書いていなかったのも別に理由もなく、日々時間が流れるのをぼーっと過ごしてきただけでありましてただなんとなくとしか表現できないんですけど、もうホント嘘偽り無くめんどくさかっただけなんですよね。


もともと「空気が無ければ死んでしまう。」とか「ウォシュレットが無ければ尻んでしまう。」とかいうタイプではなくて、たぶんすごく珍しいタイ プだと思うんですけど「書かなくても死なないタイプ」だったと今回の件で自己分析できたんですよね。はてなブログに感謝申し上げます。書かなくて も死にませんでした{報告}


まぁそんな事どうでもいいんですけど、最近の炎上事案で思うところありまして、あれこれ考えておったんですけど、「ブログ続く人ってすごい なー。」と思うわけなんですね。


発信する事って改めて考えなくても、とんでもなく大変なことっていうかねなんというか”見られている”ワケなんですよね。よくも悪くも。一定数 の注目を浴びれば、当然アンチも出てくるし、トンでもない基地外みたいな奴に粘着されるかもしれないわけですし。


「自由に書けなくなる事もある」って黄色い激落ち君氏が言ってましたけど、ここんところは特に危機管理能力が高い人ほど制約をうけちゃうだろう と思うわけなんですね。


コッチは無責任に見るほうだから関係ないんだけど、言及することで言及した”事実”を”見られる”ワケなんですよね。見る方は言説を取りたいと いうか感情の偏りを確認したいとか、どういうスタンスとるんだみたいな。実際書いてある内容なんてどうでもよかったりして、この言及でどこがどう 動くか?どう転ぶか?みたいな方だけが気になるだけなんですけどね。


そんで、それを気にせずブログで言及しちゃったらどっかで角が立つのよね絶対。今回もあの件に言及した人は御奉行様に言及した”事実”を”見ら れた”わけだからね。自分含めて。


書きたいこと書いているうちはいいんだけど、たくさんの目がブログを向いていると、そりゃ下手なことかけないわけで、自由の幅が狭まってくるこ とってのもアルだろうし、特に誰かのヘマを面白おかしく記事にしてたら記事元からはヘイトは溜まっていくよね。当然。


ブログ読者が、全員特ホウ王国の魔球の回みて「特訓だ」とか言い出したピュアな友人のササキみたいな奴だったら全然問題ないと思うんだけど、は てなじゃそんなワケいかないよね。ブックマークのコメントだけソマリアの海賊もびっくりなバイキングだからねそうは問屋がおろさないよね。


だから割に合わないから居なくなるのが多いし、ブログやめるひともいるし、精神やられる人もいるよね。だから、改めて思うのは、はてなで長い間 ブログ書き続けて残ってる人ってとっても鈍痛なタイプの人か麻酔が効きすぎて体から抜けない人かおかしい人だと思うのよね。


馬鹿に見つからずに今までやってきた人かもしれないけど、「書かなくても死なないタイプ」の私からしたらすごいね。そりゃもうすごいね。なんで だろう。どうしてだろうってトイレで1分考えてその内漫画読み始めるくらい凄いことだと思う。


無責任なブコメ残すたびに心が痛んでもどかしさで胸がはち切れそうになるんだけど、やっぱり今日の夕食な何かな?って事ばっかりどうしようも無 いくらい考えちゃうんだよね。


誰かにお前クズだなって言われたら、やっぱり元生物係りとして「命の尊さは心得てるけどな!」と勇んで反論すると思うけど、やっぱり言われた罵 倒より夕食の方が気になっちゃうと思うのよね。生きてるとおなか減るじゃない。気になるよねやっぱり。



ということで、そういうことで終わりにしようと思うんだけど、なんの話だっけ



まぁ どうでもいい



お後がよろしいようで。